· 

vol.17「サッカーって難しい」/MF 茅野恵大(2年)

工学院情報通信系2年の茅野恵大です。出身高校は国学院久我山高校です。

 

まずはたかとからの質問に答えたいと思います。文武両道のコツとのことですが、正直高校時代は環境に恵まれていました。それを踏まえたうえで自分が意識していたことを挙げるとするなら、使える時間を考えることと、きちんと自分で目標を立てることです。高校時代を例にすれば部活が忙しいといっても実際練習している時間は3時間ほどで、睡眠時間を7時間としても一日14時間も余ります。受験生の時は一日10時間勉強しようなどといいますが、4時間も余ります。また、部活にかける時間は3時間しかないと思えば練習への集中力も高まります。しかし、勉強や部活がうまくいかないと人より少し忙しいことを言い訳にしようとしてしまいます。ここで他人に押し付けられたものでない自分の目標がきちんとあればそれに向かって努力できました。

 

突然ですが、私は「僕のヒーローアカデミア」が好きです。その名シーンの一つに轟君が「なりたいもんちゃんと見ろ」というシーンがあります。このシーンを始めとして、受験期には(現在もですが)このアニメを見てもっと頑張ろうと励まされました。また、現実世界にも尊敬できて、あの人が頑張っているんだから自分ももっと頑張らなきゃと思える人がたくさんいます。今考えると、それを見たり考えたりしたらもっと頑張ろうと励まされるような人やモノがあるというのも大きかったと思います。

 

 

次にこれからのことについて書きたいと思います。現在私は部活の班として戦術班に所属しています。今年から本格的に始まったのでまだあまり活動はしていませんが、自分たちの試合を見返したり対戦相手の試合を見て対策を考えることが主な仕事です。高校までは監督やコーチがいて基本的な戦術などはその方々頼みでした。もちろん自ら考えることもありましたが、今戦術班として試合を見てどこが問題でどうすればよいのかを考えようとするとなかなか難しいです。ただ、リーグ戦に勝つには絶対に必要なことだし、自分たちで考えたことが実際に成功すればより楽しめるようになると思うので、試行錯誤しようと思います。また、同じ戦術班に所属し去年の主将の篠田君は私より見るべきポイントがわかっていて話し合いをしていてもなるほどと思うことが多いので、一緒にサッカーができるうちに多くのことを吸収できればと思います。

 

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次はサッカー部一のイケメン、3年生の中瀬達君です。お父さんが飲食店をやっていると聞いたのですが、お父さんの料理の中で一番好きなものは何ですか?