· 

進路に迷う人たちへ/大濱利揮(環境社会理工学院 新2年)

皆さんこんにちは。

 

今日は合格発表の日でしたね。

 

見事、合格された方々、おめでとうございます。是非、一度サッカー部に足を運んでいただけると幸いです。

 

残念な結果だった方々、これから私立の大学に行く人、もう一年挑戦を続ける人、色々いると思います。結果がどうであれ、第一志望を本気で目指した1年間は間違いなく、これからの人生にとってかけがえの無いものになると思います。

 

前置きが長くなってしまいました。ここではあえて、これからもう一年挑戦する事を考えている方々に向けて発信していきたいと思います。

 

ちょうど2年前、私が現役生だった頃の結果は良くはなく、この大学に行きたいという気持ちがあったので浪人するという決断をしました。正直に言うと、それからの一年はとても辛いことばかりでした。春休みはもう一年、受験勉強があると考えると遊んでいても心から笑えませんでした。周りが楽しそうに遊んでいる中、自分は授業を受けてから自習室に足を運ぶ日々。今でも思い出すだけで辛い時もあります。ですが、そんな中でも自分にとってプラスになることはたくさんありました。自分と向き合う時間を作れたり、自分がこれから何をやりたいのか深く追求できたりしました。この時間はこれからの人生にとって財産になると思います。

 

決して楽な道のりではありませんが、後悔することはないと思います。

 

自分の選択は努力次第でいくらでもいいものに変えられると思います。

 

もし、もう一年頑張ることに決めた方々いたら、来年お会いできることを心からお待ちしております。